しまむに(琉球沖永良部語)の記録・保存と継承のために

現在世界には6000~7000の言語がありますが、その約半数が今世紀中に姿を消すと言われています。 2009年にUNESCOは「危機言語地図」を発表し、日本からはアイヌ語、八丈語、そして琉球諸島全域の言語がこの地図に掲載されました。

奄美群島沖永良部島で話されている言葉(しまむに)も、消滅の危機にある言葉の1つです。 このホームページでは、しまむにを記録・保存するための音声データ・録画データ・語彙のデータベースと、えらぶむにを次世代に伝えていくための教材を公開します。 教材は、沖永良部島の方言教室での試用を行い、随時更新していきます。

しまむにって?

琉球諸島沖永良部島(鹿児島県大島郡和泊町/知名町)で話されている言葉です。「こんにちは」は「をぅがみやぶら」、「ありがとう」は「みへでぃろ」のように、一回聞いただけでは、日本語とは全く異なった言語に聞こえます。一方で、「手」は「てぃー」、「目」は「みー」のように、日本語とどこか似ているところもあります。

しまむには、琉球諸島の言葉の仲間です。琉球諸島の言葉(「琉球諸語」と呼ばれます)は、大昔(2-3世紀という人も、奈良時代前後という人もいます)に日本諸方言と分かれ、その後、琉球の島々で各々に発達してきました。そのため、今でも古い日本語の語彙や文法が残っている一方、日本語にはない独自の特徴も持っています。

ことばの記録・ことばの継承

日本の各地、そして世界の各地で伝統的な言語が消えていきつつあります。 言葉はその土地に代々住んでいた人たちの思想や知恵、生活世界をすべて映すもので、人類全体の知的財産とも言えます。 言葉が変わっていくことはやむを得ない側面もありますが、それが気付かれることなく急速に消えつつあるいま、 言葉に映る先祖たちの思想世界をできるだけ記録し、次世代へ伝えていく努力をすることには大きな意味があります。

しまむにを話せる人は年々少なくなっていますが、今でも40代以上の方なら「聞いてわかる」基本的な言語能力を有しています。 世界の危機言語の継承事例を見ても、しまむにの現状は、まだまだ希望が持てる段階です。 若い人たち、子供たちが少しでもしまむにに興味を持ち、学んでいくことが出来れば、次の世紀にもしまむにと島の文化は続いてていきます。

このサイトと、関連する様々な活動(国頭集落方言教室、上平川ゆしきゃプロジェクト等々)がその一助になることを願っています。

教材

しまむにを学ぶための教材です。「しまむに概論」「音」「語と活用」「文法」「場面別の会話」「子供向けの教材」に分かれています。教材は随時アップされます。

詳しく見る

記事コラム

しまむにを話す人たちが、どんな言語経験を経てきたのかに関するインタビューを連載します。ただいま準備中ですので、公開までもうしばらくお待ちください。

詳しく見る

リンク集

しまむにの動画のリンク集です。

詳しく見る

語彙データベース

しまむにの語彙データベースです。単語、発音記号、例文、音声を収録しています。標準語からの検索は「フリーワード検索」をご利用ください。

詳しく見る